2013/06/09

「三連休乗車券」(旧スリーデーパス)の2013年の発売期間、利用期間、有効期間、価格

「三連休乗車券」は、JR東日本全線などの鉄道路線が乗り放題のフリーきっぷです。昨年までは「スリーデーパス」として販売されていたものですが、名称が変更されました。きっぷの効力などはほぼ同じですが、発売期間が利用日の前日までに制限されています。

その他、フリーエリアや効力、発売額などは、2012年度まで発売されていた「スリーデーパス」と同じです。指定された3連休期間に限り、3日間、JR東日本全線などが乗り放題です。

乗り放題となるフリーエリアはJR東日本と青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道、北越急行、富士急行、伊豆急行各社の鉄道全線。さらに、JR北海道の津軽海峡線中小国~木古内間と江差線五稜郭~木古内~江差間、函館本線函館~五稜郭間、JR東日本のバス高速輸送システム(BRT)です。

利用できる列車と車両は普通列車の普通車自由席のみです。ただし、特急列車や急行列車なども特急券や急行券を別途購入すれば利用できます。

価格は大人1万3000円、子供4000円です。

利用可能期間は2013年から2014年の三連休期間です。具体的には、7月13日~15日、9月14日~16日、9月21日~23日、10月12日~14日、11月2日~4日、12月21日~23日、2014年1月11日~13日、3月21日~23日です。

発売期間は、有効期間開始日の1カ月前から前日までです。たとえば、7月13~15日分は6月13日から7月12日まで発売されます。

詳細は以下の通りです。

●「三連休乗車券」詳細
■利用期間:2013(平成25)年7月13日(土)~15日(月・祝)、9月14日(土)~16日(月・祝)、9月21日(土)~23日(月・祝)、10月12日(土)~14日(月・祝)、11月2日(土)~4日(月・振)、12月21日(土)~23日(月・祝)、2014(平成26)年1月11日(土)~13日(月・祝)、3月21日(金・祝)~23日(日)

■有効期間:3日間

■発売期間:2013(平成25)年6月13日(木)~2014(平成26)年3月20日(木)
※有効期間開始日の1ヶ月前から前日までの発売。
例:2013(平成25)年9月14日(土)~16日(月・祝)ご利用分は2013(平成25)年8月14日(水)~9月13日(金)までの発売。

■発売箇所:フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザ及び主な旅行会社

■値段:おとな 13,000円 こども4,000円

■効力
フリーエリア(JR東日本線全線・JR北海道線(中小国~函館・木古内~江差)・青い森鉄道線全線・IGRいわて銀河鉄道線全線・三陸鉄道線全線・北越急行線全線・富士急行線全線・伊豆急行線全線)内の普通列車(快速含む)の普通車自由席およびBRTが3日間乗り降り自由。

「三連休乗車券」とは別に特急券等を購入すれば、新幹線や特急列車等も利用できます(東海道新幹線は利用できません)。

■払戻し:有効期間内で未使用の場合に限り、全発売箇所で行います。(210円の払戻手数料がかかります)。運行不能による払戻しは行いません。