2014/07/26

南海・ユニバーサルシティきっぷの価格表。南海電鉄主要駅からUSJへの往復割引きっぷ

南海・ユニバーサルシティきっぷは、南海電鉄が2014年7月15日から発売開始した割引きっぷです。南海電鉄の主要駅から、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)最寄駅のJR桜島線ユニバーサルシティ駅まで利用できる往復割引きっぷです。

南海電鉄の主要駅から新今宮駅、西九条駅での乗換えを経て、ユニバーサルシティ駅まで利用できます。主な区間の発売額は、関西空港から大人2020円、子供1010円、和歌山市駅からが大人1930円・子供970円、橋本駅からが大人1600円・子供810円です。発売期間は2015年3月30日までです。

南海・ユニバーサルシティきっぷの南海電鉄発売駅からの価格表は以下の通りです。

  • 難波・天下茶屋 630円(320円)
  • 住吉大社 740円(380円)
  • 堺 830円(410円)
  • 羽衣 950円(490円)
  • 泉大津 1040円(520円)
  • 岸和田 1240円(630円)
  • 貝塚 1350円(680円)
  • 泉佐野 1420円(720円)
  • 尾崎 1600円(810円)
  • みざき公園 1780円(900円)
  • 和歌山大学前 1850円(940円)
  • 和歌山市 1930円(970円)
  • りんくうタウン 1640円(830円)
  • 関西空港 2020円(1010円)
  • 住吉東 740円(380円)
  • 堺東・三国ヶ丘 830円(410円)
  • 中百舌・初芝 950円(490円)
  • 北野田 1040円(520円)
  • 金剛 1150円(580円)
  • 河内長野 1240円(630円)
  • 林間田園都市 1510円(760円)
  • 橋本 1600円(810円)
  • 高野山 2630円(1310円)

()内は子供の価格です。

発売額に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場券などは含まれておりません。

割引額は、たとえば堺駅発のの場合、正規価格が880円が830円ですので、50円割引です。和歌山市の場合で170円安くなります。