2014/12/23

三連休乗車券の2015年の発売期間、利用期間、価格。旧スリーデーパスは北陸新幹線開業後も発売継続

三連休乗車券の2015年度の発売期間、利用期間、価格が発表されました。2015年も価格は13,390円で据え置き、子供の価格は4,110円になっています。

2015年3月14日の北陸新幹線開業にともなって、信越本線長野~直江津間が第三セクターに移管されました。この区間では、長野~新井間で三連休乗車券が使えなくなりました。新井~直江津間は、これまで同様利用できます。

それ以外の基本的なルールに変化はありません。2015年7月以降の3連休に利用でき、有効期間は3日間。効力はかつての「スリーデーパス」と同じで、JR東日本の全線と、それ以外のおもなローカル私鉄などが乗り放題。発売期間は有効期間開始日の1ヶ月前から前日までです。

三連休乗車券のフリーエリアは、JR東日本の全線と、JR北海道の中小国~函館間、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道全線、北越急行線(ほくほく線)、えちごトキめき鉄道直江津~新井間、富士急行線、伊豆急行線です。これらの路線の快速・普通列車の普通車自由席が乗り放題です。また、東日本大震災で被災した路線の代替バスやBRT(バス高速輸送システム)にも乗車できます。

フリーエリア内で新幹線や在来線特急列車を利用する場合は、別途特急券などを購入すれば乗車できます。駅レンタカーを利用する際、Sクラス・Aクラスが特別料金で利用できる特典も付きます。

以下、三連休乗車券の概要です。

■利用期間
▽2015年
2015年 1月 10日~ 12日
2015 年 7月 18 日~20 日
2015 年 9月 19 日~21 日
2015 年 9月 20 日~22 日
2015 年 9月 21 日~23 日
2015 年 10 月 10 日~12日
2015 年 11 月 21 日~23 日

▽2016年
2016 年 1月 9日~11 日

■有効期間
3 日間

■発売期間
※各利用開始日の1ヶ月前から前日までの発売です。

■発売場所
フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザ 及び主な旅行会社

■価格
おとな 13,390 円
こども 4,110 円